diary

マクドナルドのピクルスを作る

まさかこのブログで料理を話題にする日が来ようとは。 地方移住後の7月。 ご近所の方から茄子、トマト、ジャガイモ、キュウリと様々な野菜を頻繁に頂戴するようになり、これらの野菜を食すことで筆者の美容と健康は保たれている。 田舎はどこもこうなのかは…

サヨナラテレビ

最近になってようやく自分の所持品が全て手元に戻ってきた。 約2年ぶりにまともにテレビを見る。 しばらく眺めているとなんだかとても説明と説明的演出が多い気がする。 バラエティ番組は開始数分を使ってダイジェストをする。 「今からこういう番組を始め…

amazon Audibleを3ヶ月無料体験をするだけで1000ポイントもらえるキャンペーンを実施中

本の虫に朗報である。 amazonは日本時間、6月30日14時00分から7月12日23時59分までの期間中、はじめてAudible3か月無料体験を申込み1秒でも聴くと、amazonで使える1,000ポイントがもらえるという太っ腹なキャンペーンを実施中である。 条件は以下。 ・Audibl…

田舎の食品買い物事情

都会から田舎へ移住しようとなると生活が成り立つのかと考える人もいるであろう。 とりわけ食に関してはダイレクトに移住のハードルとなり得る。 田舎へ移住しようという人の中には自給自足の生活を目論んでいる人もいる。 それにしたって始めたその日から食…

モテ貯金氏の田舎移住失敗について考える

地方移住生活を満喫しリア充ぶりをアピールするブログは数あれど、失敗経験を綴るものにはあまりお目にかからない。 そんな中ニューストピックを眺めているとモテ貯金氏なる乙女が愛媛の田舎移住生活に3ヶ月で挫折したとのこと。 なにやら歳も近いようであ…

所持品リストについて

自分の持ち物がようやく手元に全て戻ってきたり移住後増えた物もあるので、このブログに掲載している所持品リストも整理した。 しかしまだ途中だ。 「一体何の為にそんなことをしているのだ。」と訝しがる読者諸賢もおられよう。 まったくである。 自分の持…

どうする保冷!? 冷蔵庫 VS クーラーボックス VS なし!

緩やかに暖かくなり梅雨の足音も聞こえ始めた今日この頃。 筆者は頭を抱えている。 日本のでっぱりに移住後の筆者の食生活は大変に簡易的なものとなっている。 まぁそうでなくても簡易的ではあるのだが、片手で足りる程度のレパートリーでここ3ヶ月ほどを過…

人生ソロプレイ 一人だって家も買うし移住だってするのである

単独行動をする紳士淑女を「お一人様」と呼ぶ傾向が見られ始めてどれほど経ったであろうか。 筆者はこの「お一人様」という呼称が嫌いである。 いったいどこからものを言っているのか。 人は皆孤独である。 一人で生まれ一人で死ぬ。 などという大きい話は置…

ご近所のこと 田舎の人たちってどうなの? 

筆者はどこにでも不安の種を見つけてはすくすくと成長させることができる不安植樹の名人である。 なので空き家探しをしている時もその土地がどんな土地なのか、どんな人が住んでいるのか、町内会とかあるのだろうかと、家以外の部分でもあれこれと悩んだ。 …

筆者vsヤモリ

vsと書いたが勝敗など目に見えており、筆者はすでに大敗を喫している。 4、5日ほど連日で目にしてやや慣れてきた感はあるもののやっぱり駄目なものは駄目である。 彼らにも性格のような者があり、少しの振動で足早に逃げていく者や、ホウキの先で触れよう…

最近の筆者

この春、地方にある古民家に引っ越した筆者は掃除と片付けを少しずつ進めながらちくちくと仕事をしたりしなかったりして過ごしている。 筆者は掃除を始めてしまうとあれもこれも気になってキリがなくなってしまうのでほどほどにしている。 今は一番綺麗な台…

日本・古民家・大地震 構える心

人生最大の買い物と言われている家をノートパソコン1台分程度の買い物で済ませてしまった筆者。 しかしこの家を終の住処とする気も、住み暮らす地域に骨を埋める気も毛頭無い、ということはすでに書いた。 16日に熊本で起きた地震でも家屋の倒壊は数多く発…

筆者は何故、古民家を購入し地方へ移り住んだか

地方移住は最近では流行りの様によく耳にする言葉となったので今更珍しくもなんとも無いのだが、筆者なりに動機というかそこへ至るプロセスがむにゃむにゃと在るので思いつく限り書いてみたいと思いまーす。 「移住」というのは読んで字のごとく「移り住む」…

古民家を購入して地方に移り住むまで 其の四

三月。 移住先へ赴き、市役所の一角を借りて司法書士立会いの元、土地と建物の登記移転を行った。 代金の支払いといくつかの書類に住所と名前を記入し、判子を押しまくり終了。 個人事務所だからなのか司法書士手数料が相場よりずいぶん安かったので嬉しかっ…

古民家を購入して地方に移り住むまで 其の三

格安の空き家物件を探し始めてからもうそろそろ1年が経とうとしていた頃、全国の空き家バンクを巡回していた筆者はこれはなかなか良いなと思える物件を発見する。 田の字型の和室4部屋に板間、台所、土間がL字型に合わさり正方形っぽい間取り。 潔癖症の筆…

古民家を購入して地方に移り住むまで 其の二

尾道市を後にし棚ぼた空き家物件探しの決意をやわらかく固めた筆者はひとまず東北の奥深き山中にある実家へ帰り入院生活を送ったりしつつ、家を買うとはどういうことだろうか?というところから始めた。 なにせ今まで家を所有したい(安ければ)などと思った…

古民家を購入して地方に移り住むまで 其の一

2016年春。 筆者は古民家を購入し日本のでっぱりへと移住した。ということはすでに書いた。 その理由や経緯を綴るには約1年前に遡らねばならない。 「長いの?」 と危惧する読者諸賢に弁解するならば、かいつまんで綴っていくよりも順を追って綴った方が分…

古民家

諸君、ご無沙汰している。 表題の通り、筆者は築70年を超える古民家を購入し日本のでっぱりに移住した。 移住したとは言っても、半年ほど身を置いていた東京のシェアハウスも仮住いといった風情であり、ドイツから帰国後ようやく腰を落ち着けたという具合で…

Amazon Audible 朗読と声の魅力

昨年の暮れに始まったAmazonのオーディオブックの定額利用サービス「Audible」。 アメリカでは数年前にスタートしていたサービスがいよいよ日本でもスタート。 約1万タイトルのオーディオブックを月額1500円で聴き放題になる。 端末はkindleシリーズだけで…

勇者ヤマダくんにハマる

久しぶりにスマホで面白いゲームがリリースされた。 「勇者ヤマダくん」である。 https://www.youtube.com/watch?v=1-OJk1709bo ダンジョン内を一筆書きの要領でヤマダくんを出口へ運ぶ、というシンプルなゲーム性ながらも斬新な設定とファミコンライクで多…

激闘!El Capitan! 後半戦

この季節、いつもは冷たいあの人が、今日はなんだか暖かい。 そう、macbookである。 あの手この手でアップグレード後の不具合を改善しようと試みたが、相変わらずモタモタしている。 ドーラでなくてもグズは嫌いである。 40秒だって待ちたくない。 他にでき…

激闘!El Capitan! 前半戦

諸君、ご無沙汰している。 筆者はなかなかブログを更新できずにいた。 怠惰だからではない。 今回に限っては。 昨年の10月にリリースされたmac osx El Capitanへのアップグレードに取り掛かり、そして返り討ちにあい更新できずにいたのである。 アップグレー…

読書通帳が欲しい!

数年前から全国各地の図書館で「読書通帳」という読んだ図書を記録する為の通帳が広がりを見せているとのこと。 見た目は銀行の預金通帳に酷似しており、貸出日と著名が印字される。 図書館によっては読んだ本の評価や、購入した場合の金額なども記すことが…

ミニマリストのお仕事

本日から始業という読者諸賢も多かったであろう。 よいスタートを切ることができたであろうか。 血気を高め息巻いて仕事始めを迎えた諸兄も、うんざり、どんより、溜め息まじりに始まっちゃった諸兄もまずはお疲れ様でした。 一年は始まったばかりである。 …

お正月っぽいこと

2016年の初夢は柴咲コウ氏に笑顔でぶん殴られドラゴンボールさながらのバトルを展開する、という良い夢を見る事ができたので筆者の2016年は安泰である。 筆者は基本的に眠りが浅いため夢は毎日見る。 このところ嫌な夢が続き寝覚めが悪くなっていたのでこれ…

焚き火がしたい

焚き火がしたい。 近所の河原で焚き火がしたい。 ソーセージなんかを割り箸に刺して焼いて食べたい。 しかしここは都内だ。 そうでなくても最近では田舎でもちょっとゴミを燃やした程度で消防車が駆けつけてくるそうではないか。 まぁ乾燥する時期、警戒する…

近藤麻理恵氏の情熱大陸に思うこと

今週の情熱大陸は「片付けコンサルタント」近藤麻理恵氏。 著書で一躍時の人となった片付ける人であり、断捨離ブームの火付け役である。 突発的にミニマリストになろうとした人、これからなろうとする人にとって大規模なお片付けは避けて通れない道であるの…

ノームコアって?

先週「がっちりマンデー」を視ていると、今年ある業界で重要だったキーワードというのが取り上げられており、ファッション業界のキーワードは「ノームコア」だったそうである。 「なんですか、それは?」 ノームコアは(ノーマル)+(ハードコア)=ノーム…

クリスマスゾンビ

12月2日 喫茶店で仕事の打ち合わせ。 納期は月末だ。 打ち合わせの時に飲み物か食い物か判別し難いものを注文するのは控えてもらいたいものだ。 「経費で落ちるからいい」そうだ。 そういう問題じゃない。 12月5日 町を歩いているとふと気分が悪くなる。 胃…

おかしの家 最終話

前回の裁判で敗訴になったという所から始まった最終回。 タイトルは「忘却」である。 おばあちゃんは養護老人ホームに入るため家を売る事にしたと太郎に告げる。 特に相談もなかった事に太郎はショックを受ける。 おばあちゃんは老人ホームへ、太郎達も3人…