美容師が市販のシャンプーの駄目さを検証した模様

美容師が市販シャンプーのダメさを実験したブログが話題に→涙目になるパンテーン・エッセンシャル勢

なぜ市販のシャンプーは髪に良くないのか

当該のブログでは市販のシャンプーが何故駄目なのかをとてもわかりやすく説明しており、ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naという界面活性剤によって毛髪がタンパク変性を起こしてしまう事が市販のシャンプーが駄目とされる主な理由であるとのこと。   数年前から市販のシャンプーの中でも割高感のあるノンシリコンシャンプーも同様に駄目なのだそうである。   前々から市販のシャンプーなんて・・・。という話は耳にしてはいたのだが、ヘアケア用品やスキンケア用品は高いものに手を出していると切りがないように思われ、惰性で市販のものを使用していたのだが、今回の件でもう市販のものは止めようと思ったのであった。   消耗品は固定化したいという考えがあるので良い機会かもしれない。 筆者がドラッグストアで吟味しているのはほぼ値段である。 今回シャンプーを選択する明確な基準が示されたことにより、問題は値段ではない事がはっきりしている。 まぁ市販のシャンプーに比べたら格段に高いものを購入する事になるのだろうがその価値はあるように思われる。  

ヘアワックスの使用を余儀なくされている筆者としてはこちらが気になった。   しかしこうなってくると今使用している市販のヘアワックスはどうなのか、などやはり切りは無いように思われる。 整髪という概念自体が無くならぬものかと思う。