冬仕度 前半戦

秋の風が心身共に寒からしめる11月。冬はもうすぐそこでスタンバっている模様。 筆者もいそいそと冬仕度をはじめた。   防寒は中から、ということで日本国民にすっかり定着した感のある発熱インナーを買い求めた。 筆者が近頃まで着ていたのはもう3年も前のユニクロヒートテックである。 噂によればヒートテックの発熱機能は1年程度しか保たないということらしい。 とっくにただの布と化していたという訳である。   今年は前々から気になっているメリノウールという素材でできたインナーを購入しようと考えていたのだが、今のところスポーツメーカーやアウトドアメーカーが販売しているものが多く、シャツの下に着られるようなデザインのものを(ネットでは)見つける事ができなかった。 それにある程度数を揃えようと思うとウン万円を要するのである。 それ程の優れものなのか。とにかく今年は見送る事にした。   さて、もはや様々な衣料品メーカーでリリースされている発熱インナーの中からどれを選ぼうか頭を悩ませる事になった。 しかしすぐに面倒くさくなったので決着は早々についた。 おなじみのGoogle氏にお伺いを立てたところベルメゾンホットコットユニクロヒートテックより優れ物であるとの事。 しかもリーズナブルである。 そういうわけで3着購入した。 Screen Shot 2015-11-15 at 16.41.02 この手のインナーはやや小さいくらいのサイズが良いのだが、ホットコットはおそらくMサイズからしかない。 しかしこのMサイズがSくらいのサイズ感で作られているのでスリムな紳士も心配はいらない。 もちろんシャツの下にも着る事が出来る。 実は筆者は小柄なくせに肩幅があり残念な逆三角体型を欲しいままにしている。 故にもともと9分丈の袖はやや短い。しかしこれはインナーに限った話ではない。   着心地はどうかというと肌触りは良いし何となく温かい気がする、というのはヒートテックと同じだろう。 当然買ったばかりのヒートテックの感触を思い出せるはずも無いので比較は難しい。 ただヒートテックは一度身体を動かせば汗が流れ落ち「うかつに着れん!」と思った事だけは覚えている。   それからいつまでもパンツ一丁で眠るわけにもいかないのでGUでスウェットを買った。 Screen Shot 2015-11-15 at 16.31.23 こうして見るとスウェットまで写真に撮ってさらすべきではないな、と思う。 なんだか黒田三郎の詩が頭をよぎりそうな、そんな悲哀があるなぁスウェットには。

あとは部屋着としてフリースのジャケットをイオンで購入。 Screen Shot 2015-11-15 at 16.36.41 量販店で襟が丸くないやつを探すとイオンにしかなかった。 正直フリースというのはあまり好きではない。好きでない理由は特に無いが強いて上げるなら立場がよくわからないからだ。 「気を使わない衣服」以上の価値は認められない。   フリースと言えばパタゴニアである。

たしかにちょっとかっこいい気もする。しかし値段はイオンのフリースの10倍である。それほどまでの価値があるのか。そんなものは認められない。お前は部屋着だ。   後半戦へ続く