活性酸素発生につき老化防止措置を取らせて頂きます

運動、してますか? 近頃スポーツクラブ通いまではじめた筆者は近年稀に見る程身体を動かしている。 息をぜぇぜぇ言わせながら頭をよぎるのは活性酸素のことである。

活性酸素とは運動や煙草を吸うと発生し、人体に悪影響を及ぼす憎い奴である。 心臓病やガンの発生にも関係しているらしいので侮れない。 そしてこの活性酸素の有害な働きを酸化ストレスと呼ぶらしく、この酸化ストレスは人体の老化を促進するという。 この話を知り「運動は身体によくないのだわ、もうわたくしここを一歩も動きませんわ!」と極端な行動に走る人もおられるようである。 実際のところ平常時の10倍近くの活性酸素を運動時には発生させているらしい。 「つまり運動時は平常時の10倍の速度で老化していってますの!?もうわたくしここを一歩も動きませんわ!」という事になってしまう。   しかし心配ご無用。 適度な運動であれば発生する活性酸素は少なく、人体にもともと備わっている抗酸化能力でカバーできるという。 しかも適度な運動であれば脂肪が燃えやすい体質になる。 さらに適度な運動であれば身体の抗酸化能力をアップさせることもできる。

では適度とはどのくらいなのか。 人は皆違う。性別、身長、体重、体脂肪率、マッソゥの量、質、骨密度、血液型、視力、聴力、好みのタイプ。 同じ人間など存在しないのだから適度も人それぞれという事になってしまう。 みんな違ってみんないいのか。 今自分がしている運動が適度か否か。 そんな事はわからない。 わからないから不安になる。 不安になったので対策をとることとした。

御婦人方、紳士諸君、抗酸化作用のある食品で老化を食い止めようではないか。 簡単に摂取しやすく効果抜群にしてお財布に優しい「新3大抗酸化作用のある食品」を紹介しよう。

まず有権者に訴えたいのは大豆食品であります。 大豆食品に含まれる大豆イソフラボンにも抗酸化作用があります。 中でも豆乳は手軽に摂取出来、マッソゥを鍛える人には欠かせないタンパク質も効率よく補給できる優れた食品なのであります。

続いて有権者に訴えたいのはアーモンドであります。 ビタミンEを豊富に含んだアーモンドは皮膚のしわやたるみを抑える働きがあります。 手軽に摂取出来るばかりでなくアーモンドをかじる姿は「齧歯類みたいでかわいい」と評判になる事請け合いであります。

最後に有権者に訴えたいのはバナナであります。 実は様々な食品の中でもバナナが抗酸化作用が最も高いとされています。 ここまで挙げた3つの食品の中で最も安く手に入り栄養価も高く食物繊維も豊富とあれば摂取しない理由はありません。 手軽に摂取出来るばかりでなくバナナをむく姿は「ゴリラみたいでかわいい」と評判になる事請け合いであります。

以上が「新3大抗酸化作用のある食品」であります。 マッソゥを鍛えているとプロテインでタンパク質を補給しなければならないのではないかと考えがち、筆者も考えた。しかしスポーツトレーナーいわく、プロテインで補給しなければいけない程のトレーニングをしている非アスリートは稀であり、豆乳やきな粉+牛乳での補給で十分だそうである。

活性酸素の大量発生が原因か、アスリートは早死にするなどといわれている。 身近なところだと、同じく近所をランニングしている熟練のランナーの中には運動という健康的な行為を行っているにもかかわらずその身体からは生気が感じられず憔悴しているようにすら見える方も珍しくない。 その影響は確実なものであり対策を講じねば死に急ぐことにもなりかねない。 しかし息もきらさず汗も流さず、そんな「生」などまっぴらごめん。 生き生きと生きたいものである。とか年寄り染みたことを思う。 何事も適度に。

今日のランニングミュージック スーパーカー ー STORYWRITER