ふたご座流星群2015出棺

一縷の望みに賭けて早起きしましたとも。 空は一面の雲がおおってございます。 即二度寝

あまりに流星群のことばかり考えていたからか、無事流星群を見れたという夢まで見ましたとも。 これはこれで悪くなかったように思う。 流星というよりは隕石だったけれども。   詰まらないのを承知で書く。 夢といえば最近「他人が自分の家に侵入してくる」という夢を立て続けに見て気になったのでGoogle氏に聞いてみたら、なんだかおっかない事が書いてあり筆者の肝を寒からしめた。 くわばらくわばら。

昔見た怖い夢で暫定1位となっている夢。 買い物帰りの筆者。 野菜や果物やらがたくさん詰まった紙袋を抱えて帰宅の途中である。 しかし筆者は知っている。 紙袋が家までは保ってくれない事を。 それでもどうする事も出来ずにただ歩いていくしか無い。 そんな夢。

この夢もある時期に数度見ていて、とても怖かった、というか夢の中で恐怖を感じているのだが、人に話して伝わった試しが無い。 起きてみる夢も寝てみる夢も人に話すものではない。

ともあれ、さようならふたご座流星群。 来年も君たちの挑戦を待っている。