読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・歯をホワイトニングする ーアパガードの試用結果ー

かつての喫煙習慣を無かったことにする為、ホワイトニング歯磨きで隠滅を図った筆者。 の試用を終えたのでここに報告する次第。   試用中はコーヒーなど着色汚れが付きそうなものも控え望んだ。 結果は「白くなったかな〜、たぶん。きっと。白くなった。うん。」みたいな感じである。 つまり白さを認識するのはちょっと難しい。 光の加減とかで白くなったようにも、変わってないようにも見える。 白さに関してはそのような具合なのだが、かつての歯科治療あと(詰め物など)に出来ていた黒ずみ?というか着色汚れの様なものが一掃され、歯全体が綺麗になったような印象を受けた。 100gを一回使った程度ではこのくらいかもしれない。   そもそも喫煙による歯の黄ばみはそれほどでもない筆者。(自己評価です。) どちらかと言えばコーヒーによるところが大きいような気もする。 ホワイトニングに躍起になりだしたらシミ一つなくなるまでやって散財しそう、という危機感を覚えたので毎日ガシガシ使えるものに変更。 今後は を使っていくことにした。   ところでミニマリスト界隈では今こちらの商品が話題となっている模様。

なんでもこの歯ブラシだけで歯磨きが必要無いのだとか。 amazonのレビューを見ると賛否両論。 歯ブラシとしてはなかなか高額なので期待値が高まってしまうようである。   筆者は無印良品の歯ブラシのホテルのアメニティのようなデザインが気に入っているし、ハミガキ自体目覚まし目的であったりもするので歯磨きをネリネリと盛ってワッシャワッシャ磨くのが好きである。 なのでこのMISOKAを購入することは無いであろう。   ところで筆者の両親は歯磨き剤のことを「歯磨き粉」と言っており、幼い頃から「どこが粉だ。」と思っていたのだが、かつて歯磨き剤は粉だったそうである。 そのせいで時折「歯磨き粉がない。」などと口走ってしまい嘲笑の的になってしまうことがある。 同様にテレビのリモコンを「チャンネル」と呼んだりもする。   そう。いい加減がいい加減を呼んでいるのです! 筆者のいい加減さは決して筆者のせいではない。 スクリーンショット 2015-09-08 19.54.51