amazon Audibleを3ヶ月無料体験をするだけで1000ポイントもらえるキャンペーンを実施中

本の虫に朗報である。

amazonは日本時間、6月30日14時00分から7月12日23時59分までの期間中、はじめてAudible3か月無料体験を申込み1秒でも聴くと、amazonで使える1,000ポイントがもらえるという太っ腹なキャンペーンを実施中である。

条件は以下。

・Audibleの3か月無料体験に申込む

・Audibleのアプリをダウンロード(iPhone/Android)

・アプリで、お好きなコンテンツをライブラリーに追加

・コンテンツをダウンロード、そして再生

たったこれだけで1000円もらえてしまうお仕事である。

とは言っても3ヶ月無料体験を申し込めるのはプライム会員だけだったりするのだが、非プライム会員は今なら1000円引きで入会できるも同然なのである。

早速筆者は3か月無料体験に申込みAudibleの書籍を視聴した。

するとあっさりポイントがもらえる旨の表示が。

audiblecam

ところで、人間の脳はほとんど視覚からの情報処理に使われているという話を聞いたことがある。

そして何かを学んだり、記憶するにはイメージを取り入れた方がより効率的であるということもまことしやかに語られている。

ともすれば聴覚による読書体験とはこれいかに。

聞いても内容を覚えていなかったりするのではないかと筆者は訝しがる。

「聴くだけ」を売りにした英語教材なども信用できん。

その辺りはどうであるのか吟味すべく貧乏性を隠しもせずに無料期間中に聴きまくる所存である。

Audibleは通常、月定額1500円で聞き放題となるサービスで扱っている書籍はじわじわと増え続けている模様。

紙の書籍1冊分のお値段で聞き放題は果たしてお得なのか否か。

社会人ともなると意外と読書の時間を確保できないものである。

筆者は隙間時間に読書をするというのがやや苦手である。

5分後、10分後に何か控えていては本に集中できない。ソワソワしちゃう。

集中しちゃったらしちゃったで大変なことになる。

読書というのはある程度ゆとりのある環境でなくてはならないのである。

そこで読書なんて出来ない状況でAudibleはどうか。

筆者の場合手を動かしている時は結構聞き逃してしまったりして良く無い。

考え事を伴うこと、集中しなければならないことにも当然向かない。

筆者は一つのこともままならない逆マルチタスク人間であるので聖徳太子並みのマルチタスク人間は読書をしながらAudibleも聞くがよい。

有酸素運動目的でない散歩中にはなかなかよい。

可能であれば入浴中なんて良さそうである。

おすすめなのは入眠前に電気を消してAudibleを聞くことである。

入眠前にスマホをいじって睡眠の質を下げることも無くなるし、明かりを落として聴覚だけに集中すれば内容も良く入ってくる。

なんとなくプラネタリウムの解説を聞いている時の感覚に近いものがある。

と、まぁそんな感じで楽しんでいる。

どちらかといえば小説以外のものを多く聞いている。

物語の朗読になるとどうしても好みがあるので、あまり好きで無い声質や演技をされるくらいならやはり自分で読む。

それよりも機械的に読んでくれるビジネス書、自己啓発本、学習書などが聞いていて楽しい。

ちなみに、有酸素運動は集中することが決め手なのだそうである。

おしゃべりしながらのウォーキング、音楽を聴きながらのランニング等、効果が減少するとのこと。 

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonの新サービス