ジュラシックパークマラソン開催

f:id:gentlemanjyuu:20170205203222p:plain

説明しよう。

ジュラシックパークマラソンとは、休日を利用してジュラシックパークシリーズ第1作から最新作ジュラシックワールドまでを一気に見てしまおう、という体のそこかしこの具合がおかしくなる過酷なマラソンのことである。

筆者はシリーズものの映画を一気観することをマラソンと呼ぶ。

なぜならばそれは持久戦以外の何物でも無いからである。

過去挑戦したマラソンは以下。

マトリックスマラソン(アニマトリックス含む)(完走)

ロード・オブ・ザ・マラソン(完走)

パイレーツ・オブ・マラソン(完走)

ハリーポッターと秘密のマラソン(途中棄権)

バック・トゥ・ザ・マラソン(完走) など。

もちろんマラソン前に個別に見ている作品も多々有る。

しかしマラソンはそれらの鑑賞とは一線を画す。

まずなんだか気が重い。

「えーこれ全部みるのー。」って思う。

しかし見るのである。

無用な負荷を己に掛けシリーズ映画という莫大な費用と膨大な時間をかけて作られたそれらに敬意を払いつつ注意深く物語をなぞっていく。

そして見終わった後には息も絶え絶えとなる。

ゴールテープも歓声も存在しない、ただ疲労感と一抹の達成感のみを得られるという過酷なマラソンである。

そして今回挑戦するのはジュラシックパークシリーズである。

筆者は全シリーズを劇場公開時に見ているし、テレビやらレンタルやらで何度も見ている。

しかしあえてのマラソン。あえてのぶっ通し。

ジュラシックパークシリーズはamazonプライムビデオで全作見られるのでツタヤなどで借りていた前大会に比べると良い滑り出しであった。

総上映時間470分。

ほとんど8時間に近い間、恐竜と人が交互に織り成す阿鼻叫喚の絵面を見続けることとなった。

何度も見たとは言ってもずいぶん前だったので割と新鮮に観ることができた。

第1作ジュラシックパークで出てきた中国系の研究員がジュラシックワールドに出てくる研究員と同一人物であることは通して見てやっと気づいたし、ジュラシックパークのヘビースモーカーのオペレーターがサミュエル・L・ジャクソン氏であることも久しぶりに鑑賞し気付いた点である。

通してみるとやはりCG技術の進歩が素晴らしく、ジュラシックパークあたりを今見ると結構はっきりCGだと認識できる。

それでも劇場公開当時は金縛りにあったかと思うほどの衝撃を受けたものだが。

シリーズを通して同じ恐竜が何度も登場するがシリーズごとにそのデザインは異なる。

制作スタッフが変わっているというのはあると思うが恐竜に関する研究が進み新たな発見が反映されている可能性もあるだろう。

ちなみにシリーズを通して活躍しているヴェロキラプトルは映画ほど大きな恐竜ではなく中型犬くらいの大きさであるらしい。

しかしそこはジュラシックパーク3でグラント博士が言うように「あれは恐竜ではなくハモンドが作り出したモンスターだ。」ということで忠実に恐竜を再現したものではないことが明示されている。

その煽りを受けてジュラシックワールドでは思い切ったモンスターが登場するわけである。

筆者としてはインドミナス・レックスというあからさまなモンスターが出てくることは恐竜ファンとしては遺憾であったが、人々が刺激を求め続けた結果に生み出されたモンスターである、という点で映画としては良かったのかと思う。

ジュラシックワールドは昨年劇場で鑑賞したばかりだが4DXで見たため物語の展開にあまり集中していなかったなと改めて鑑賞して思った。

インドミナス・レックスという化け物を作り出したあげく、飼育する方法を間違い手がつけられなくなってしまった生物に対し、同じ種である恐竜をけしかけて殺し是とした上で、打ち勝った恐竜や人間たちが正義であって無事で良かったね、というような結構闇の深い映画であったなと思った。

資本主義を土台に生命を弄んだ上、後始末も自分たちではせずそのことについて反省の弁は描かれない。

ハッピーエンドっぽい。

友情・努力・勝利みたいな感じさえある。

でもよくよく考えるとひどく後味の悪い映画であった。   しかしシリーズを通して夢に魅せられた罪人として描かれるハモンドも、金の為に過ちを繰り返す人間も毎回登場し、一貫して人間の罪が主題となっており、夏休み映画として公開されることが多かったシリーズだがその内容は決して軽いものでは無い。

そんな感慨に耽りながらジュラシックパークマラソンを完走。

陸上のマラソンランナーは完走後数日は動けない体になるというが、その夜の筆者は自身がギャーギャーと叫び狂う夢を見た。

しかし今回のマラソンは割と余裕。

総上映時間9時間を超えるロード・オブ・ザ・リングシリーズを超えるマラソンは未体験である。

今後予定されているマラソンとしてスターウォーズマラソンがあるが総上映時間が940分、15時間以上となる鬼門である。

たぶん死んでしまう。

しかしシリーズそのものが遡って公開されたりしているし、筆者自身見た順番や時期などがパラついているのでイマイチ物語 の全体像を掴んでいなかったりするのでいずれ挑戦せざるをえないであろう。

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

ジュラシック・ワールド (字幕版)

ジュラシック・ワールド (字幕版)